« 好きにしなさい | メイン | 地獄の黙示録・director's cut »

英雄

『英雄』(2002, by Zhang Yimou: Let Li, Tony Leung, Maggie Cheung, Zhang Ziyi, Donnie Yen)
☆☆☆☆

映画全体を貫くモチーフは「重力からの解放」。
この映画では「ものが下に落ちる」ということがほとんど強迫的に回避されている。

矢にしても、いくら強弓で引いたって、あれだけの距離だ、どこかで下に向いて落下を始めるはずなのに、ぐいぐい上昇して、そのあとは水平方向に飛んできて、目的地に達しても、しつこく人間や壁に刺さったりして、最後まで地面に落下することを拒んでいる。

ワイヤーワークの剣戟シーンももちろんそうだ。

ドニー・イェンとリー・リンチェイの雨の中の剣劇の場面、マギー・チャンとチャン・ツイイーが枯葉の中でくるくるまわる場面、トニー・レオンとリー・リンチェイが湖の上で飛ぶ場面、どれでも彼らはなんだか「地面に足がつくと負け」のゲームをしているように見える。

あるいは現代中国には「空中に飛び上がって、降りてこない」という図像に何かはげしい固着を感じる歴史的・文化的な理由があるのかもしれない。

「右肩上がりの経済成長」の象徴かもしれないし、「文化大革命の後遺症」かもしれない。

About

2004年03月14日 10:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「好きにしなさい」です。

次の投稿は「地獄の黙示録・director's cut」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35