« 英雄 | メイン | 晩春 »

地獄の黙示録・director's cut

コッポラの『地獄の黙示録・完全版』をTSUTAYAから借りてきたので寝ころんで見る。

若き日のマーチン・シーンは、チャリ坊よりずっとかっこいい。

びっくりしたのは、17歳のニキビ面の水兵さん(サングラスかけてストーンズの『サティスファクション』で長い手足をひょろひょろさせて踊っていた子)の歯並びの悪さが気になってじっと見ていたら、どこか見覚えがある。
IMBDで検索したら、やっぱりローレンス・フィッシュバーンだった。
ハリソン・フォードが出ていることは知っていたけれど、モーフィアスも出てたのね。

完全版は25年前の劇場公開版よりずっとストーリーが熟していて、出来がいい。
どうして79年にこのヴァージョンを公開しなかったのか理解できない。
映画史的な影響も、社会的な影響もまるで違ったものになっていただろうに。

About

2004年03月14日 10:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「英雄」です。

次の投稿は「晩春」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35